地域住民のプライオリティ

 国際協力で地域住民のプライオリティを尋ねることはよくあります。しかし、プライオリティの意味が誤解されているケースが多いようです。プライオリティは、「尋ねられるから答える」もので、普段明確に意識されているわけではありません。重要なのは順位付けでなく、「どれくらい重要か」という程度です。下手にプライオリティを調査すると、住民が期待や誤解を抱くことになり、期待が応えられなかったときに関係を悪くする危険性すらあります。

 この動画に関連した講座は開発フィールドワーカー講座です。

Youtube のサイトで、この動画講座にコメントが付けられます。

国際協力事業ホームページ 有限会社人の森