人の森国際協力>>国際協力セミナー・講座>>国際開発協力5分動画講座>>援助する側の役割 地域住民への機会提供

援助する側の役割 地域住民への機会提供

 援助対象となる地域住民の自主性を尊重することは、援助効果の持続性を考えると最重要と言えます。援助団体は「自分が教えること」の持続性を考えがちですが、実際に持続すべきは地域住民の自主的な判断による開発行為です。そのためには、外部者、つまり援助するものの役割を見直す必要があります。外部者の役割、それはずばり「機会の提供」です。どのような形の援助であれ、対象者に「うまい機会を提供できるかどうか」に注意を払いましょう。

 この動画に関連した講座は開発フィールドワーカー講座です。

Youtube のサイトで、この動画講座にコメントが付けられます。

国際協力事業ホームページ 有限会社人の森