人の森国際協力>>アーカイブス>人の森通信2009/05/14号

本の紹介「グラミン銀行を知っていますか」

by 野田直人

開発協力における成功の基準でグラミン銀行に触れたので、グラミン銀行に関する本を一冊紹介しましょう。東洋経済新聞社から出ている「グラミン銀行を知っていますか」坪井ひろみ著です。

主にバングラデシュの貧困層の社会的側面に光を当ててグラミン銀行を分析した本です。筆者の坪井さんの博士論文に手を入れたもののようですが、堅苦しい論文ではなく、すっと読める読み物に仕上がっています。

しかし、さすがは博士論文。バングラデシュの貧困層に属する人たちの社会で、グラミン銀行のマイクロクレジットがどう機能しているか、そして、グラミン銀行がマイクロクレジットを社会的に機能させるためにどんな戦略をとっているかが深く描かれています。

私は講座の中でもよく「グラミン銀行は工夫のかたまり」と言っていますが、この本を読むと、クレジットという言葉から想像されるような経済的な側面だけでなく、社会的にうまく機能する工夫を積み重ねることによって、グラミン銀行の大きな成功が導かれていることがよくわかります。

この本を読むまで知らなかったのですが、なんと、物乞いの人たちにまで、グラミン銀行は無担保でお金を貸しています。お金を借りるルールは他のメンバーとは異なり、物乞いの人たちが商品を仕入れる場合には、グラミン銀行の保証を付けるなど、ここでも随所に工夫が見られます。

サポートは工夫しながらも、自己決定権は保証するというグラミン銀行のさりげないながらも、行き届いた工夫は本当にすごいですね。

国際協力事業ホームページ 有限会社人の森